メイク落としをしなきゃいけない理由は?

メイク落としの基本は、通常の洗顔では落としづらいメイク汚れを、肌に負担をかけることのないように優しく落とすことです。
たまにメイクを落とさず寝てしまうひとが居ますが、それは肌に負担がかかり、大変危険なことですので、絶対避けましょう。面倒でも毎晩必ずメイク落としを行いましょう。
メイク商品の中身は、粉体と油剤から主に出来ています。その為、メイク商品というのは、汗や皮脂等で崩れにくくなっていることが特徴なので、通常の洗顔では落ちにくいことがわかります。
落としきれずにメイクが肌に残っていると、肌への刺激になり、とても危険です。
メイク落としでしっかりと丁寧に毛穴の奥からメイク汚れを落として、肌にメイク汚れを残さないようにして肌に負担をかけないようにすることが、いつまでも肌を若々しく保つ秘訣になります。

メイク落としの方法は、どんなものがあるの?

メイク落としの方法は、大きく分けるとこの3つです。

①ダブル洗顔
クレンジング剤で洗った後、一般的な洗顔料を用いて洗う方法です。メイクを落とす効果が1番高いと言われている方法です。私は、方法をやっています。

②シングル洗顔
洗顔料とクレンジングが1つになった物を使って、メイクを落とす方法です。洗顔とメイク落としが1度に出来るので、手軽に出来る方法です。
若いひとに多い方法ですね。

③ふき取りタイプ
今流行りの拭くだけコットンをはじめ、クレンジング剤やコールドクリームをメイクになじませたあと、コットンやティッシュでふき取る方法です。
古来ヨーロッパの方々がやっていた方法だそうで、それが今でも受け継がれているようです。
拭くだけコットンは若いひと、メイクになじませてふき取る方法は、お母さん世代に多いですね。

上手なメイクの落としの仕方は?

どのようなメイク落としを使っても、重要なのは落とし方です。
メイク落とし剤を、メイク部分になじませて、ふやかしながら時間をかけてメイクを落としていくことが、1番大切なことです。
メイク落としを付けた瞬間から、急いで指先を使ってゴシゴシゴシこするのではメイクも落ちにくいですし、肌も傷つけてしまいますので、絶対にしてはいけません。
メイク落としの時間は、急いで終わらせる時間ではなく、時間をかけて自分の為に美容を行うと思いながらやりましょう。 自分の1日の疲れのご褒美と捉えてメイク落としをすると、丁寧に時間をかけてやることができると思います。
メイク落とし剤を使う量は、パッケージに記載されているので、その通りかそれ以上の量を使いましょう。 少ない量では肌全体に行き渡らず、肌を傷つけてしまいますので、量はしっかり目に使って、肌を保護しながらメイク落としをします。